子宝神社 体験記

久留米の子宝神社(久留米 水天宮)

私は子宝になかなか恵まれず、治療歴5年になります。

 

妊活に良いと聞いたことは試してきたつもりなのですがなかなか上手くいかず、藁をもつかむ思いで神頼みしたいと思い九州でとても有名な久留米市の水天宮へ行きました。
安産・子宝で全国的に有名な神社ですが、実は水天宮の総本山はこの久留米の水天宮だそうです。

 

まず、「肥前狛犬」という狛犬がいます。
その狛犬の自分の痛い場所と同じ部分を撫でると痛みがとれると言われており、子授けの場合はお腹の部分を撫でます。

 

帰りにお守りを購入したのですが、水天宮のお守りはとても珍しいお守りです。
お守りと一緒に「護符」をいただくのですが、それを手でちぎって水に浮かべ、水と一緒に飲むのだそうです。

 

水に溶ける紙で作られているので安心だということです。
境内を回ってお参りしていると、心も軽くなり前向きな気持ちになることができました。

 

ただ、やはり安産祈願でも有名な神社なので妊婦さんも多いですし、戌の日には小さな赤ちゃんを連れた方も多いですし、七五三では賑やかな家族連れであふれていますので、子供がいない夫婦での参拝は精神的に辛くなることがあるかと思います。できれば、戌の日、七五三を避けた日が良いのではと思いました。

 

妊活で大事なことは、やはり体を冷やさないことだと思います。体を冷やす生活をしていた時は、卵子の育ちが悪いような気がしますので、やはり冷たい飲み物や体を冷やす食べ物は摂らないようにするなど、日頃から気を付けることが大事だと思います。

 

服装も腹巻、靴下を重ね履きするなど気を付けています。水天宮は川沿いにあるので、特に冬場は冷えます。温かい服装でお出かけください。