子宝神社 体験記

鎌倉の鶴岡八幡宮に行ってきました

体外受精もなかなかうまく行かなくて、寝ても覚めてもネット検索。今度はうまく着床してくれるかな…と不安な移植後ぷち鬱。これは体外受精している方なら経験あることだと思いますが、この時期旦那になかなか優しくできなかったり、優しい言葉をかけられても「どーせ男のあなたには…」と心の中で思ってしまったり、「私と結婚しなければ…」と自分を責めたり、こんな日々を過ごしてきました。

 

このままではダメだ!何か新しい風…というか前向きな気分にならなきゃ!」と、妊活に行き詰った日々を解消すべく、最近「子宝パワースポット」なる場所に旦那と行ってみることにしました。

 

もともとこういうパワースポットやらジンクスは全く信じなかった私。というか何のポリシーなのか「神頼み」より現実の努力!という堅い考えで今まで縁がありませんでした。逆に旦那はパワーストーンとか神社とか結構好きなタイプなので、ネットで検索し鎌倉の鶴岡八幡宮に行くことに。

 

鶴岡八幡宮の池の島にある旗上弁天社の裏に「政子石」は頼朝が妻・政子の安産を願って建てた石とされ、私達以外にもカップルがいました。雰囲気的には「え…ここ入っていいの?」という場所でしたが、近くの売店の巫女さんに聞いたら大丈夫とのことでした。もちろんそこで「政子石ストラップ」をGET!なんか急に気分的にスッキリしました。

 

もちろんこういう子宝スポットでお祈りしたからといえ、確実に子宝に恵まれるなんてことはないのは承知ですが、少なくともネットでうんうん悩むよりは天気のいい日にお散歩しながら良い「気」を感じるのもいいなと思いました。旦那とも久々にいっぱい話せたし、妊活スポットに来たのに「妊活」を少し忘れて楽しめたような、また頑張ろう!と思えたというか…。とてもいい経験になりました。(神奈川県・32歳・M子)