子宝神社ランキング

私たちの3年間のゆるゆる妊活

私たち夫婦の妊活は病院にも行かずゆるいものでしたが、約3年間続き、それなりに落ち込んだり悩んだりもありました。

 

妊活と呼べるかどうか分かりませんが、スタートは入籍日が決まったころ、避妊をやめることからでした。
タイミングも何も意識せず、それでも避妊をしなくなれば、いつ赤ちゃんができてもおかしくないと思っていました。

 

そう簡単には授からず、半年ほどが過ぎ…
次にやったことは、生理日などを管理するアプリをスマホに入れたことです。

 

私が使ったのは「ラルーン」というアプリですが、整理開始日を入力するとカレンダーに排卵予定日や、妊娠しやすい日が出るのでタイミングを意識するようになりました。
ラルーンの利用者は妊活中の女性もいれば、妊娠中や子育て中の女性もいて、お互いに悩み相談ができたり過去の相談が読めたりするので、そういったやり取りを見ることでも妊娠への知識や意識を深めていきました。

 

私の夫は「セックスそのものを楽しみたい、子作りのための不自然な行為はしたくない」というタイプだったので、タイミングを意識しつつも口には出さず、それとなく誘ってタイミングを合わせようとしていました。
私の方は「赤ちゃんがほしい、できればあまりセックスをしたくない」と考えていたので、この夫婦間の気持ちのズレが辛いといえば辛いところでした。

 

2年以上、『なんとなくタイミング法』を続けたものの、授からず…
排卵予定日当日、1日前、2日前、3日前、もっと早めたり、少し遅らせたり…いろいろとタイミングを探ってみましたが、ダメでした。
病院で検査してできない原因を知りたいと思いましたが、夫に反対されました。

 

もうタイミングを考えるのをやめて、「この生理が終わったら、たくさんしよう!3日に1回はしようね!」と言って、自分の気持ちは曲げて、たくさん行為をしてみたら、なんとすぐに授かることができました。
頻繁なセックスがしたくなくて、「こまめに精子を出して新しい精子にした方が良い」という説を否定していた私でしたが、あれは正しいのかな…と今は思っています。