子宝神社ランキング

妊活は気持ちの問題が大きい

私は保育士の仕事をしていました。クラスを受け持ち、担任だった為、途中で抜けるわけにはいかず、妊娠の時期もとても悩みながらの妊活でした。

 

妊活なんてしなくても、すぐにできると思っていましたが、1ヶ月、2ヶ月…と月日は過ぎて行き、「あれ、もしかしてすぐにできない…」と感じ始め妊活をするようになりました。

 

妊活と言っても、全く知識もなかったので何からしたらいいのかわかりませんでした。けれどそんな時、職場の先輩から話を聞くことができ、同じく妊活をしているとのことでした。

 

まず大切なことは、夫婦できちんと向き合い話し合うことでした。自分だけが努力しても相手がいないことには妊活は進められないからです。旦那も前から子どもを欲しがっていたので、協力的だったのが幸いでした。

 

しかし、また月日は流れ、次に取り組んだのが基礎体温をつけることでした。妊活をするにあたって基礎体温を付けることは必要不可欠だからです。

 

しかし、また月日はたち、1年が過ぎようとしていた時…毎日妊活のことを考えているのに疲れ、一旦何も考えず過ごしていこうと話し合いました。

 

すると、ありがたいことに赤ちゃんを授かることができました。やはり気持ちの問題が大きいんだなと感じました。