子宝神社ランキング

予防接種で妊活中断。その間にした妊活は

仕事、仕事で婚期を逃してしまい、気付けば37歳。

 

あわてて婚活をし、38歳で結婚。寿退職をするまで、有休も使わず働き倒しでした。

 

退職して1か月後に結婚式。それにむけて準備をパタパタし新婚旅行。

 

生活が落ち着く前に婚活にむけて、ネットや図書館で妊活の本を借りて来ては、情報収集をはじめました。

 

38歳からの妊活は、なかなか厳しいことを知り、ショックをうけながらも、前向きに取り組んでいけば子どもを授かるかもしれないと葉酸を購入しては、妊娠時に良い体づくりを意識した生活をはじめました。

 

葉酸を飲むこと、体を冷やさないこと、基礎体温をはかって排卵のリズムを把握すること、食生活の見直し、睡眠をしっかりとるなどの基本的なことをしました。

 

その間、ネットで妊娠時に風疹になると大変なことを知り、最寄りの病院に風疹の抗体検査をしにいきました。

 

その際に、おたふくかぜや麻疹の検査も合わせておこなうようにすすめられて検査をしました。

 

おどろくほど低い数値で予防接種が必要と判明し、妊娠していないことがわかった次の月の生理の日に、必要と思われるものすべての予防接種を受けました。

 

予防接種後二ヵ月妊娠不可との説明もあり計4か月ほど直接的な妊活できませんでした。

 

始めは、なぜ結婚前に検査をすることの情報を持てなかったのだろう、妊娠のチャンスが4回減ることになると

 

落ち込みましたが、落ち込んでいても時間がもったいないと切り替えて、妊活再スタートにむけて万全の準備をしました。

 

葉酸や生活リズムや食生活などはもちろん気をつけ、排卵のデータをあつめながら、排卵検査薬の使用の練習をスタートしてみたり夫の食生活の改善等も行いました。またパワースポットや神社にお詣りにいくこともしました。

 

友人に、妊娠までに取り組んだことを情報収集したり4か月間フル活用しました。

 

すると妊活再スタート一回目で見事に妊娠し、女の子を出産しました。

 

予防接種で妊活ができなくなりましたが、予防接種をしたことで風疹などの感染におびえることなく妊婦生活を送ることができよかったです。