子宝神社ランキング

男の子妊娠までの道のり

一人目は女の子だったので、旦那とも次は男の子がいいねと話していました。
もちろん健康であれば何でもよしなのですが、
産み分けをしないで女の子を授かるよりは
産み分けをしてみようという結果になり
いろいろと私と旦那で決めたルールがあるので
ご紹介したいと思います。

  1. 病院には行かず自己流でやる
  2. もし女の子とわかっても落ち込まない
  3. 出来る限りの協力する、楽しむ

でした。

 

1は病院にかかると実費でとられてしまうので
ネットを参考にしてトライしてみました。
2が一番大切でもし女の子とわかっても落ち込まない、
誰のせいでもないと約束しました。
3はひとりだとできないものもあるし
心細いときもあるので楽しもう!と決めました。

 

実際に私たちが行ったことは、

  • 食べ物に気を使う
  • 排卵日当日に行為をする
  • 濃厚でたっぷりな行為をする
  • ハローベビーボーイを使う
  • 旦那に少し禁欲してもらう

以上です!
あくまで自己流なのでm(._.)m

 

食べ物については旦那は男の子を作る精子
が活発になるようやなコーヒーを飲む、
私は妊娠しやすくなるようにアーモンドミルクを飲む。
を心がけていました。

 

次に男の子は排卵日当日に行為するのが
いいらしいので排卵検査薬を使って調べました。
また挿入する少し前にハローベビーボーイを使い
男の子を授かりやすい環境をつくりました。
グリーンゼリーと迷ったのですが、
こちらの方が使いきりタイプで簡単そうだったので
選びました。

 

 

あとは旦那には申し訳なかったですが
少し禁欲してもらいあっさりではなく濃厚な行為を
心がけ終わったらあとは腰を少しあげていました。

 

本当に自己流で基礎体温もつけていないので、
大雑把な部分はありますがなんとこれで
男の子産み分けはじめて一ヶ月目で妊娠したのです!

 

まぐれが大きいと思いますが妊娠中はなるべく
性別のことは考えないように過ごし
いざ先生に聞いてみると小さなシンボルが
見えたそうで(^^)v男の子でした!

 

そして無事に昨年12月に元気な男の子を出産しました。

 

産み分けには賛否両論いろいろありますが、
私はトライしないで後悔するのなら
トライした方がいいと思います!!